空知ワイン室トップページ

ワイン室トップ

空知ワイン室のトップページへようこそ

 国内有数の醸造用ぶどう畑を抱え、新たなワイナリーが設立されるなど、ワインの産地として知名度を高めつつある北海道。現在、空知管内には6つのワイナリーと数多くのヴィンヤード(農園)があり、今や北海道でも指折りのワイン生産地となっています。
 こうしたことから、空知ワイン室では、地域活性化を図るため、関係機関と連携しながら、生産振興や人材育成などワイン生産者への支援を行うとともに、ワインを切り口として空知の魅力を高める取り組みを進めています。

新着情報

過去の新着情報はこちら

空知のワイナリー・ヴィンヤードの紹介

wineguide3.png

「そらちワインガイド3rd Edition」には、空知管内のワイナリーやヴィンヤード情報のほか、ワインを味わえる美味しいお店など食の情報も掲載しております。(令和2年11月発行)

醸造用ぶどう栽培やワイン製造に活用可能な主な国の支援制度

 
支援内容
利用可能な補助金等
相談窓口
 優良品種への改植に係る費用や改植後未収益期間の果樹育成経費等の助成

果樹農業生産力増強総合対策事業(補助)

対象:果樹産地構造改革計画で担い手とされている者 

 各(総合)振興局農務課
 農地や機械・施設等の取得に必要な資金借入

農業経営基盤強化資金「スーパーL資金」(融資)

対象:認定農業者 

 各(総合)振興局農務課

経営体育成強化資金(融資)

対象:認定新規就農者

 農協
 醸造用ぶどう栽培開始に当たり必要な機械・施設の導入に係る資金借入

青年等就農資金(融資)

対象・認定新規就農者 

市町村 
 就農前の研修期間における所得確保の支援

農業次世代人材投資資金「準備型」(交付)

対象:原則として50歳未満で就農する者が農業大学校、先進農家等で研修を受ける場合

 北海道農業公社、各地域担い手育成センター
 経営が不安定な就農直後の所得確保の支援

農場次世代人材投資資金「経営開始型」(交付)

対象:原則として50歳未満で独立・自営就農する者(認定新規就農者) 

 市町村
 ワイナリー建設への助成(6次産業化の取組に必要な加工・販売施設等の整備)

食料産業・6次産業化交付金のうち「6次産業化施設整備事業」(融資主体補助)

対象:六次産業化・地産地消法により認定を受けた六次産業化事業体

 農林水産省北海道農政事務所
 ワイナリー建設への助成(農業者が共同で利用する農産物処理加工施設の整備)

強い農業づくり交付金(補助)

対象:市町村、農業者の組織する団体等 

 各(総合)振興局農務課

※2020年10月1日時点の情報です。

 

相談窓口

総合相談窓口 (相談先がわからない場合は、こちらにご連絡ください)

北海道 空知総合振興局 空知ワイン室(産業振興部商工労働観光課 内)
住所: 岩見沢市8条西5丁目
電話: 0126-20-0147

空知管内でぶどう栽培に従事または検討している方向け

全道共通

公表資料

 

 

カテゴリー

page top