令和元年度「空知産ワイン」産地特性把握調査報告書


「空知産ワイン」産地特性把握調査報告書



令和元年度「空知産ワイン」産地特性把握調査 報告書

空知の産地特性(テロワール)を把握するため、醸造用ぶどう栽培を行う上で
重要な気象・土壌のデータ収集と調査を実施しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【調査実施】 空知総合振興局産業振興部商工労働観光課 空知ワイン室

【委 託 先】 (株)ズコーシャ

【委託期間】 令和元年(2019年)5月30日~令和2年(2020年)3月6日

【内  容】 
○気象調査
 ・気象の現状と将来予測、平均日平均気温・BEDDの現状と将来予測、
  醸造用ぶどう地域適応品種
○土壌調査
 ・土壌断面調査、土壌理化学性調査

【調査結果】

 ■報告書[PDF]

*報告書の土壌調査結果は、個別のワイナリーのデータとなるため、公表を控えております。

→ 空知ワイン室TOPページへ戻る

カテゴリー

page top