スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  炭鉄港 産業遺産の物語

空知の分類: 行政・政策・税 > 地域政策

最終更新日:2019年11月20日(水)

 

炭鉄港 北の産業革命の物語

「炭鉄港(たんてつこう)」は、近代北海道を築く基となった三都(空知・室蘭・小樽)を、石炭・鉄鋼・港湾・鉄道というテーマで結ぶことにより、人と知識の新たな動きを作り出そうとする取り組みです。

「炭鉄港」のストーリーは、令和元年5月20日に文化庁が選定する「日本遺産」に認定されました。

「日本遺産」とは、地域の歴史的な魅力や特色を、有形・無形の様々な文化財で語るストーリーにし、その魅力を広く発信するとともに、人材育成、伝承、環境整備の取組を効果的に行い、地域のブランド化やアイディンティティの再確認をするものです。

                         炭鉄港

ストーリーボタン イベントボタン

協議会ボタン ロゴマークボタン

ikko   


◎炭鉄港イントロダクション → 動画はこちら(youtubeへ)

炭鉄港 4つの遺産を1枚に          


新着情報  

着情報  

・令和元年11月  7日 「美唄市立図書館」で採炭最盛期関連資料59点が展示されています

・令和元年11月  6日 【12月】炭鉄港日本遺産認定記念演劇「鐵の人」」の公演が行われます

・令和元年10月   5日 「空知の歴史を知るバスツアー」が開催されました

・令和元年  9月 21日 教職員の皆様を対象に「炭鉄港フィールドワーク」を開催しました

・令和 元年 9月  9日 炭鉄港ロゴマークを使用した名刺ができました。

・令和 元年 9月  5日 炭鉄港出前講座のご案内


【炭鉄港ロゴマーク】

炭鉄港ロゴマーク






 NPO法人炭鉱の記憶推進事業団HP 
http://www.soratan.com/(外部サイトへ)

このページに関するお問い合わせ
〒068-8558 北海道岩見沢市8条西5丁目
電話番号:0126-20-0034
FAX番号:0126-25-8144