スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_歌志内市


最終更新日:2011年3月09日(水)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_歌志内市


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

うたしないし
  歌志内市

北海道のほぼ中央、石狩平野の東北端の山麓地帯に位置し、約75%を森林が占める。東西に貫流するペンケウタシナイ川の両岸に発展し、三笠市とともに古い歴史を持つ石炭産業で栄えた。まちのシンボル的存在である神威岳のセンターハウスほか、スイス風の景観づくりが進められている。
 



郷土館ゆめつむぎ 〒073-0403 歌志内市本町1027-1
旧空知炭鉱倶楽部(現こもれびの杜記念館) 〒073-0403 歌志内市本町74-4
住友上歌志内鉱第一立坑櫓 〒073-0401 歌志内市上歌
旧上歌会館(現悲別ロマン座 〒073-0401 歌志内市上歌1
空知炭鉱立坑 〒073-0402 歌志内市東光27



うたしないチロルの湯 〒073-0406 歌志内市中村78-3
かもい岳温泉・かもい岳スキー場 〒073-0404 歌志内市歌神95




「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ