スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_三井砂川炭鉱中央立坑櫓


最終更新日:2019年1月08日(火)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_三井砂川炭鉱中央立坑櫓


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

みついすながわたんこうちゅうおうたてこうやぐら
  三井砂川炭鉱中央立坑櫓

三井資本が道内で初めて鉱区開発から採炭まで行った炭鉱。水準下660mレベルの深部採炭を目的に開削された立坑で、1987(昭和62)年の三井砂川炭鉱閉山時まで使用された。閉山後は同鉱の廃坑を利用した地下無重力実験センター(JAMIC)の落下塔として使用されていたが、2003(平成15)年に廃止されている。  


住 所   073-0200 上砂川町字上砂川7 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「砂川駅」→中央バス「砂川ターミナル」(歌志内線・上砂川線)→「中央1丁目」下車、徒歩約5分


道央自動車道「奈井江砂川IC」→道道114号赤平奈井江線を赤平方面に約15分
問い合わせ先   上砂川町役場
担当部署:企画振興課地域振興係
TEL:0125-62-2011
FAX:0125-62-3773
E-mail:kamisuna04@luck.ocn.ne.jp
URL   http://www.town.kamisunagawa.hokkaido.jp/
MEMO   敷地外から外観のみ見学・撮影可能。
敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
周辺の見どころ   上砂川岳温泉パンケの湯
にわ山森林自然公園
郷土館ゆめつむぎ


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ