そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

まんじせんてつどうこうえん(きゅうまんじせんあさひえき)
  万字線鉄道公園(旧万字線朝日駅)

万字線朝日駅は1919(大正8)年開業、1985(昭和60)年、万字線廃線とともに廃止。1986(昭和61)年から鉄道公園として供用開始される。国鉄万字線朝日駅跡の碑、開基100年記念の碑がある。ホームやレールのほか、遮断機や駅名標、動輪なども置かれており、2000(平成12)年には、岩見沢市内に展示されていたSL保存機のB20-1が、このホームに保存された。  


住 所   068-3185 岩見沢市朝日町176 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「岩見沢駅」→中央バス「岩見沢ターミナル」(万字線)→「旧朝日駅前」下車、徒歩すぐ


道央自動車道「岩見沢IC」→国道234号→道道38号夕張岩見沢線を夕張方面へ
問い合わせ先   岩見沢市役所
担当部署:建設部公園緑地環境課公園緑地維持係
TEL:0126-23-4111(代)
FAX:0126-23-9977
URL   http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/
MEMO   営業・開催期間/通年(管理人は非常勤)
※無料駐車場あり、約20台
周辺の見どころ   天然温泉くりやま
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
万字線鉄道資料館


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ