そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

日本の産業近代化を支えた「石炭」。なかでも石炭資源開発の中心地・空知の炭鉱まちはエネルギーに満ちあふれ、そこに暮らす人々によって独特の生活文化も育まれました。それらは、炭鉱の灯が消えた今も「炭鉱(やま)の記憶」として、この地に深く根ざしています。空知をめぐりながら、記憶の扉を開けてみませんか。学びがあり、再発見も、新鮮な感動もあり。「炭鉱の記憶」の扉は、過去から今へ、そして未来にもつながっています。
※当サイト「そらち炭鉱の記憶をめぐる」ルートは、「元気そらち!産炭地域活性化戦略」をもとに構成しています。

5つのテーマからめぐる
歴史をたどる
アートにふれる
遺産と自然を楽しむ
地球のドラマを体験
緑の大回廊を行く
 
おすすめ観光モデルコース
ちょっと寄り道そらちミニ炭鉱史
炭鉱の記憶フォトギャラリー
  空知のまちを起点にめぐる
空知地方の地図
岩見沢市 三笠市 美唄市 奈井江町 砂川市 滝川市
上砂川町 歌志内市 赤平市 夕張市 栗山町 芦別市


元気そらち!産炭地域活性化戦略の紹介 そらち「炭鉱(やま)の記憶」データベースのダウンロード



このサイトについて | リンク | サイトマップ