外国人雇用実態・ニーズ調査

  国においては、平成30年12月に出入国管理及び難民認定法等が改正され、新たな在留資格制度の創設に伴う外国人労働者の増加が見込まれています。

  また、空知地域では各産業分野において人口減少を起因とした人手不足が大きな問題となっており、新たな在留資格の創設などにより外国人材を受け入れていくことは今後ますます重要になると考えられます。

  このようなことから、今後の施策推進の参考とするため、空知管内の企業における外国人雇用の実態やニーズを把握するための調査を実施しました。

 ・ 調査結果の概要

 ・ 調査結果報告書                           

 

 

 

 

  
 

      
  

カテゴリー

商工労働観光課のカテゴリ

page top