そらちdeサイクリング/チャレンジ アクティブコース 体験レポート


 

title_pagetop_jp.png
  • navi_btn01_jp.png
  • navi_btn02_jp.png
  • navi_btn03_jp.png
  • navi_btn04_jp.png
  • navi_btn05_jp.png
  • navititle_spring_jp.png
  • navi_spring01_jp.png
  • navi_spring02_jp.png
  • navi_spring03_jp.png
  • navititle_summer_jp.png
  • navi_summer01_jp.png
  • navi_summer02_jp.png
  • navi_summer03_jp.png
  • navititle_challenge_jp.png
  • navi_challenge01_jp.png
  • navititle_autmn_jp.png
  • navi_autumn01_jp.png
  • navi_autumn02_jp.png
  • navi_autumn03_jp.png
  • navititle_winter_jp.png
  • navi_winter01_jp.png
  • navititle_area_jp.png
  • navi_area02_jp.png
  • navi_area01_jp.png
  • navi_area03_jp.png
challenge_report_img01.jpg

コースの大半が国際自転車レース「ツール・ド北海道」で使用されたことのある、山岳が中心の本格コース。
スタート後夕張の市街地を抜けるといきなりはじまるのが最難関の丁未峠。
序盤10%前後の急こう配が続き、眼下の石炭の歴史村がどんどん小さくなっていきます。
つづら折れが続く坂道、あのコーナーを曲がれば頂上?期待は裏切られ続け登りはまだまだ続きます。
すると突然左手に広がる山の上とは思えない広大な草地、丁未風致公園です。
ようやく頂上!夕張で購入した「うさぎや」のシナモンドーナツで一休み。
再出発するとなぜか続く登り、本当の頂上はさらに1kmほど先でした・・・
長い登りの後は、もちろん長~い下り!山間のテクニカルなコーナーを軽やかに進みます。
フルーツ街道・平野部・丘陵地帯と次々と表情を変えるコースを堪能しながら走り続けると再び登りに。
桂沢湖への登りは丁未峠ほどきつくは有りませんが警戒すべきはそこから40kmほど続く無補給区間。
三笠か幾春別でしっかり水分・補給食を確保しなければなりません。
40kmの無補給区間、それは裏返すと40kmも手つかずの大自然が楽しめるベストコース!
シューパロ湖を過ぎ南部の集落でようやく人の営みを感じると、ホッとするとともに間もなく終わるコースの終了に寂しさを覚えるのでした。

btn_back.jpg

カテゴリー