第13回北海幹線用水路ウォーキングその1

第13回北海幹線用水路ウォーキングその1

第13回北海幹線用水路ウォーキングのタイトル

平成30年7月29日(日)に、用水路や田んぼに親しみながら、農業用施設の役割も理解してもらおうと、美唄市光珠内において第13回北海幹線用水路ウォーキング(主催:水土里ネット北海、共催:空知総合振興局他)が開催されました。当日はスタート前から暑くなりそうな感じでしたが、319名(10km:89名、7km:110名、3km:120名)という多くの方々の参加をいただきました。

第13回北海幹線用水路ウォーキングチラシはこちら (PDF 1.08MB)

今年は「北海道」と命名されて150年の年です。北海道150年事業のPRの一環として「空知農業・北海幹線用水路(通水開始から90年)歴史パネル展」が行われました。

北海幹線用水路歴史パネル展

受付は順調に進んでいます。

受付

開会を待っています。ご存じ「ヤキトリ男(お)」と「マミーちゃん」もいます。

開会式を待つ人たち

スタートまで、テントの日陰に避難中?

スタートまでテントの日陰に避難

池の上を渡る風は少し涼しい気もしますが。

池の上を渡る風は少し涼しい気もします

カテゴリー

page top