空知地区北海道米食率向上戦略会議

~空知のおいしいお米をもっと食べよう~

空知管内は、北海道で生産されるお米の約半数を生産する米地帯であり、「きらら397」を始め、「ほしのゆめ」や「ななつぼし」など、府県の一流ブランドに優るとも劣らない良食味米を生産しています。

 

しかしながら、北海道米の道内における消費率は6割程度に留まっており、他のお米主産県の地場消費率8割に比べて、まだまだ低い状況にあります。

 

北海道農業にとって重要な位置づけを占める水田農業が、これからも持続的に発展していくためには、多くの道民の皆さんに、もっと北海道米(空知産米)を食べていただくことが必要と考えています。

 

空知総合振興局では、平成176月に「空知地区北海道米食率向上戦略会議」を設置し、北海道米(空知産米)の消費拡大、PR等を積極的に実施することとしました。

 

北海道米の道内消費率8割を目指し、「食べて応援!北海道米。米チェン」

 

COPYRIGHT(C) 2005 空知地区北海道米食率向上戦略会議. ALL RIGHTS RESERVED.

カテゴリー

農務課のカテゴリ

page top