病害虫・生理障害ファイル うどんこ病

 

病害虫・生理障害ファイル うどんこ病 

英名:Powdery_mildew

 

1 いちご (うどんこ病)

 

病原菌名:Sphaerotheca aphanis

 

症状:おもに葉・果実・果梗に発生し、白色のうどん粉状の胞子をつける。

 

対策:多湿条件や乾燥条件にならないよう、管理に注意するほか、発生した場合は早期に薬剤で防除する。

 

 strawberry_powdery_mildew01s.jpg 写真1、撮影者: 松澤 光弘 strawberry_sowdery_mildew02s.jpg  写真2、撮影者: 松澤 光弘

 

その他特記事項:この病原菌は、いちごのみに感染する。
ハウス内が多湿条件になった時に多発しやすいが、逆に乾燥しても発生しやすい。

 

 

 

 2 スターチス (うどんこ病)

 

病原菌名:Oidium sp. E. Polygony

症状
白い粉をかけたようになる。

対策:
薬剤防除

statice_sinensis_powdery_mildew002s.jpg  写真1、撮影者: 赤池 利恵

その他特記事項:
発病適温:20~25℃  湿度条件:比較的乾燥した環境

 

3 ひまわり (うどんこ病)

 

病原菌名:Sphaerotheca fusca(Fries)Blumer emend.Braun
Oidium sp

sunflower_powdery_mildews.jpg  写真1、撮影者: 田村 理子

その他特記事項:なし

 

4 ガーベラ (うどんこ病)

病原菌名:Oidium erysiphoides Fries

症状:
灰色の粉をかけたようになる。

対策:
葉かきをまめにし、薬剤防除する。

gerbera_powdery_mildew001s.jpg  写真1、撮影者: 赤池 利恵

その他特記事項:
風により周辺にひろがる。発病適温:20~25℃ 湿度条件:比較的乾燥した環境

 

5 かぼちゃ (うどんこ病)

病原菌名:Sphaerotheca fuliginea

症状:
葉に白色状のうどん粉をふりかけたような白斑を生じ、しだいに拡大し円形病斑となる。表裏面いずれにも発生する。

対策:
初期の発生防除に重点を置き薬剤を散布。散布剤には展着剤を加用し、白斑状の病斑がべっとり濡れる程度に散布する。

 pumpkin_powdery_mildew001s.jpg  写真1、撮影者: 上原 智子

6 トマト (うどんこ病)

病原菌名:Oidium violae Passerini

症状:
1・おもに葉が侵されるが、多発生すると葉柄、果柄、へた等にも発生する。葉の表面にうどん粉をふりかけたような白いかびを密生し、被害部の組織が黄化する。
2・葉の裏表が多少色を帯びた褐色にまた、表面は黄色に変わる、前者と異なり菌糸は組織内でまん延し、葉の裏表に発生するかびは非常に少ない、いずれも露地栽培では実害は少なく、施設栽培で被害がある。

対策:
1.発病初期から薬剤防除を行う。
2.葉の表裏にかかるように、系統の異なる薬剤をローテーション散布する。

s_31tomato_udonko3.jpg 写真1、撮影者:上原智子 s_30tomato_udonko2.jpg 写真2、撮影者:上原智子

このページに関するお問い合わせ
〒068-0818 北海道岩見沢市並木町22番地
電話番号:0126-23-2900
FAX番号:0126-22-2838
メールアドレス:soranokai-honsho.11@pref.hokkaido.lg.jp
メール送信時には、お手数ですが、@を半角に置き換えてから送信してください。

カテゴリー

空知農業改良普及センターのカテゴリ

page top