病害虫・生理障害ファイル 黒点病・褐紋病

 

 

病害虫・生理障害ファイル 黒点病・褐紋病


 

黒点病・褐紋病
Leaf spot

1 カーネーション(黒点病)

病原菌:Heterosporium echinulatum(Berkeley)Cooke
クリックすると拡大画像を表示します。
carnation_leaf_spot1s.jpg carnation_leaf_spot2s.jpg
写真1
赤池 利恵
写真2
赤池 利恵
症状:
中心部が灰白色~褐色で健全部との境が明瞭な紫の帯で分けられる。病斑上にはやがて黒い粉(胞子)が形成される。
対策:
発病葉の除去処分後焼却。収穫後は残渣処分をていねいに行う。除去作業と共に薬剤防除を行う。
その他特記事項
伝 染 源 :発病植物残渣中の病原菌
伝染様式:空気伝染 発病適温:20~25℃前後
湿度条件:極端な乾燥以外なら特に問わない。

2 スターチス(褐紋病)

病原菌:Phomopsis sp
クリックすると拡大画像を表示します。
statice_sinensis_leaf_spot001s.jpg statice_sinensis_leaf_spot002s.jpg
写真1
赤池 利恵
写真2
赤池 利恵
statice_sinensis_leaf_spot003s.jpg  
写真3
赤池 利恵
 
症状:
葉は褐色の斑点を生じ、次第に拡大して大型不整形の斑点になる。
対策:
薬剤防除を行う。
その他特記事項
適温:27~30℃(生育は5~35℃) 羅病株や脱落した葉上で越冬。翌年分生子がかん水、雨などによって飛散して伝染源になる。
ナスの褐紋病と同じ菌。薬はなく、クロガレ病や灰色かび病の薬剤を使用する。
本病はスターチスのハイブリッド系とシネンシス系のみに発生し、シヌアータ系には発生しない。

3 ひまわり(褐斑病)

病原菌:Septoria helianthi Ellis et Kellerman
クリックすると拡大画像を表示します。
sunflower_leaf_spot01s.jpg  
写真1
仲島 亮介
 
症状:
昨年発生した圃場を中心に見られた。特に罹病株を早期に抜き取らなかった圃場、換気不良・排水不良圃場で被害が拡大した。
対策:
発生初期の換気。
その他特記事項
試験では、ストロビルリン系殺菌剤による防除が効果的であった。

病原菌は罹病葉に生じた柄子殻で越冬し、伝染源となる。
柄胞子は、雨風や灌水の飛沫で伝搬する。(日本植物病害大事典より)

4 かぼちゃ(角斑病)

病原菌:Septoria cucurbitacearum Saccardo
クリックすると拡大画像を表示します。
septoria_leaf_spot01s.jpg  
写真1
佐藤 千代志
 
症状:
「日本かぼちゃ」にのみ発生している。
7月中・下旬より株元の葉に白い小斑点を生じ、徐々に上位葉に拡大する。やがて株元の葉は枯れ込んで草勢が低下する。
対策:
その他特記事項

戻る

カテゴリー

空知農業改良普及センターのカテゴリ

page top