病害虫・生理障害ファイル アブラムシ類

病害虫・生理障害ファイル アブラムシ類 

 

1 モモアカアブラムシ(英名:green peach aphid) 

 

学名:Myzus persicae

症状:
生長点付近に寄生し、吸汁することにより、縮葉させる。生育初期に寄生すると、わい化する。

対策:
粘着版による発生予察と早期防除を心掛ける。

pimento_aphis01s.jpg 写真1 撮影者: 松澤 光弘

pimento_aphis02s.jpg 写真2 撮影者: 松澤 光弘

pimento_aphis03s.jpg 写真3 撮影者: 松澤 光弘

pimento_aphis04s.jpg 写真4 撮影者: 松澤 光弘

eggplant_aphid01s.jpg 写真5 撮影者:松澤 光弘

eggplant_aphid02s.jpg 写真6 撮影者: 松澤 光弘

pimento_aphis05s.jpg 写真7 撮影者: 志和 一也

pimento_aphis06s.jpg 写真8 撮影者:志和 一也

その他特記事項:キュウリモザイクウイルス(CMV)、カブモザイクウイルス(TuMV)などを媒介する。
写真1~4:ししとう
写真5~6:なす
写真7~8:とうがらし

2 ワタアブラムシ(英名:Cotton aphid, Melon aphid) 

学名:Aphis gossypii

症状:
新芽や茎、葉裏などに群生する。黒、黄、緑など体色にに変化が多く、同じコロニーであってもいくつかの体色の個体が混じっていることが多い。

対策:
系統の異なる薬剤でローテーションの薬剤防除

cotton_aphid01s.jpg 写真1 撮影者: 松澤 光弘

cotton_aphid02s.jpg 写真2 撮影者: 松澤 光弘

cotton_aphid03s.jpg 写真3 撮影者: 松澤 光弘

chrysanthemum_aburas.jpg 写真4 撮影者: 赤池 利恵

その他特記事項:
写真1~3:きゅうり
写真4:きく
多発時:5~6月 9~11月
侵入様式:飛来 株の持ち込み
発生適温:20~25℃
湿潤条件:比較的乾燥





このページに関するお問い合わせ
〒068-0818 北海道岩見沢市並木町22番地
電話番号:0126-23-2900
FAX番号:0126-22-2838
メールアドレス:soranokai-honsho.11@pref.hokkaido.lg.jp
メール送信時には、お手数ですが、@を半角に置き換えてから送信してください。

カテゴリー

空知農業改良普及センターのカテゴリ

page top