土壌診断の継続で適正施肥を


土壌診断の継続で適正施肥を


土壌診断の継続で適正施肥を

空知農業改良普及センター中空知支所

1.技術の特徴

■JAピンネは、土壌分析センターを設置している。診断は年間を通じて実施されている。診断結果はA4版1枚で、作付作物に対する土壌改良方法について処方後、JA担当者が持参することが多い。処方内容で簡易なものはJA担当者が、判断の難しい処方はJA、普及センターで検討後、農家に返却している。

2.コスト削減効果

■JAピンネ内で、古くから栽培されている「ながねぎ」「メロン」の生産農家は、継続的に土壌診断を実施している。栽培年数に伴い、土壌改良資材の施用量は減少傾向にある。
■ 「ながねぎ」「メロン」の生産農家の診断結果は、生産者は自ら保存し、合わせてJA、普及センターでも保管している。各農家は、肥料成分の蓄積傾向を見るには都合がよく、肥料銘柄の選定、土壌改良資材の投入量の決定に繋がる。

3.本技術使用上の注意点

■土壌の各肥料成分の動きを見るには、継続的な診断が必要である。
■ハウス、ほ場番号を固定し、診断番号によるほ場の特定ができるようにする。

4.本技術を使用した生産者の声

■Aさん・・土壌診断は毎年実施している。肥料の蓄積がよくわかるような気がする。
■Bさん・・保険だと思ってやっている。
■Cさん・・りん酸肥料が高かったので、りん酸肥料を減らした。

JAピンネ土壌分析点数(H16~H21) (点)
 
H16年
H17年
H18年
H19年
H20年
H21年
診断点数合計
963
933
1,062
646
669
1,474
園芸関係
301
273
381
231
259
285
(内メロン)
79
59
89
50
51
69
(内ながねぎ)
69
61
68
72
57
55
水稲関係
282
331
287
302
289
922
畑作関係
354
327
391
113
75
192
その他
26
2
3
0
46
75

naka01.jpg naka02.jpg
分析センター内の状況
処方箋の作成

農業資材費高騰対策事例集のトップへ戻ります。

カテゴリー

page top