断根、生長点切除による側枝仕立て栽培


断根、生長点切除による側枝仕立て栽培


トマト・ミニトマトの断根、生長点切除による側枝仕立て栽培

空知農業改良普及センター北空知支所

kita01.jpg
<128穴のプラグトレイに播種し、子葉を残して生長点を摘心>

1.技術の特徴 

■ 根を育苗時に1度切断することで、根量が多く生育旺盛となり、トマトで側枝2本、ミニトマトで側枝3~4本仕立てが可能となる。
■ 1株2~4本仕立てにすることで、単位面積当たりの必要苗数を減らすことができ、育苗コストの削減と定植労力が軽減される。

2.コスト削減効果

大玉トマト本圃10a当たり育苗コストの比較
(自家育苗:直径15cmポット)
 
定植本数
育苗コスト
断根苗(2本仕立て)
1,125株
66,659円
慣行苗(1本仕立て)
2,250株
133,319円
※種子代・肥料代・資材費の合計(水道光熱費除く)

kita02.jpg
<子葉からの側枝が確認できたら断根し水に挿し、発根させる。写真は断根して3日目。>
ミニトマト本圃10a当たり苗代の比較
(JA育苗センター:直径12cmポット)
 
定植本数
苗代
断根苗(4本仕立て)
738株
158,670円
慣行苗(2本仕立て)
2,250株
483,750円
※雨竜育苗センターで育苗され、双方1株215円/株

3.本技術使用上の注意点

■ 育苗期間が慣行栽培より1~2週間程長くなる。
 ■ 育苗鉢の転倒、肥料切れ防止のため、大玉トマトでは必ず15cmポットを使用する。
 ■ 着果、果実肥大が進むと株の中央部が裂けることがあるので、適切に誘引する。
 ■ 不順な天候が続くと、生長点摘心部に灰色かび病が発生することがある。
 ■ 断根した苗は草勢が強くなる場合があるので、基肥窒素量に注意する。

kita03.jpg
<定植直前の2本仕立て苗>

4.本技術を使用した生産者の声

■ トマトの定植時期(4月下旬~5月中旬)は、耕起等の作業と重なる時期なので、定植作業の省力化は大変ありがたい。
■ 収量的には慣行苗と同等か優っている。
■ 育苗コストが1/2~1/4になる。

カテゴリー

page top