夏秋どりいちご高設栽培


夏秋どりいちご高設栽培


低コストでできる 夏秋どりいちご高設栽培

空知農業普及センター本所

1.技術の特徴

honsyo01.jpg
図1 水稲育苗ハウスを利用
■ 水稲育苗後のハウスを利用
水稲育苗終了後(6月上旬)のハウスに高設ベンチを設置し、いちごを定植する(図1)。高設栽培の場合、水稲育苗後地でも残留農薬等の心配がないことが特徴である。
■ リサイクル資材を利用したベンチの設置
高設ベンチの土台は、過去に水稲育苗ハウスとして使用していた中古パイプ等を再利用し、自らパイプの切断や加工を行い、施設への初期投資を最小限に抑えている。






2.コスト削減効果

表1 リサイクル資材を利用した夏秋どりいちご高設栽培の
10a当たり収益と費用の試算
  (新規購入ハウスと水稲育苗ハウスの比較)
ハウス
定植日
新規購入
5月下旬
水稲育苗
6月上旬
粗収入(円)
3,456,000
2,880,000
経営費(円)
2,739,548
2,218,748
農業所得(円)
716,452
661,252
所得率
21%
23%
直接費(円)
1,002,363
972,363
間接費(円)
1,422,185
1,201,385
減価償却費(円)
270,000
0
修理費(円)
45,000
備考 収量:
2,160kg/10a
単価:1,600円/kg
収量:
1,800kg/10a
単価:1,600円/kg
■ コスト面
資材を新規に購入した場合に比べて、経営費を約2割近く抑えた(表1)。また、新たなハウス購入の必要がなく、初期投資が少ない。

3.本技術使用上の注意点

■ 高温対策
水稲育苗ハウスなど高さがないハウスを使う場合は、夏期の日照でハウス内の温度が急上昇しやすくなっている。
(1)ハウスサイドの巻き上げ器の位置を高くする。
(2)遮光資材を利用する。

4.本技術を使用した生産者の声

■ 水稲育苗終了後の定植なので収量は低くなるが、新規作物として導入する際、所有の資材で栽培できるため取組みやすい。
■ 水稲育苗ハウスを有効利用できる点が良い。

カテゴリー

page top