園芸土壌の診断結果


園芸土壌の診断結果


空知管内における園芸土壌の診断結果

空知農業改良普及センター(園芸担当)

1.取り組みの背景

土壌診断は、「収量と品質の維持、向上」「蓄積している養分減肥による肥料費削減」 などを目的に、空知管内でも多くの農協が実施している。
昨年(H21年)、肥料高騰対策技術として活用されたのを機に、空知の園芸土壌がど のような状態になっているか整理して傾向を探った。

2.ハウス土壌

soil01.jpg
soil02.jpg soil03.jpg
soil04.jpg soil05.jpg

傾向1  高EC土壌が多く、EC値で1.0を超える土壌では生育障害が心配される。
傾向2 養分蓄積が進み、りん酸9割、苦土8割、カリ7割が基準を超えている。

3.露地土壌

soil06.jpg
soil07.jpg soil08.jpg
soil09.jpg soil10.jpg

傾向1  低pHほ場が多い。
傾向2  露地にもかかわらず高EC土壌が多く、多肥傾向が伺える。
傾向3  りん酸の蓄積ほ場が多いが、たまねぎ栽培ほ場の割合が多いためである。
傾向4  苦土、カリともに8割のほ場が基準を超えている。


総括;ハウス、露地ともに「窒素過多」「養分蓄積」傾向となっているので、
    定期的に土壌診断を行い、適正施肥に務める必要がある。


農業資材費高騰対策事例集のトップへ戻ります。

カテゴリー

page top