北空知支所 令和4年度「北育ち元気塾」開講式・第1回研修会を開催しました

 令和4年4月5日(火)、北育ち元気塾開講式及び第1回研修会が深川市のJAきたそらち営農センターにて開催されました。開講式には18名の元気塾受講生が出席し、主催者である北空知後継者育成支援協議会の佐藤忠美会長から、「皆さんはこれから地域農業を支える重要な担い手です。元気塾では指導農業士や拓殖大学、普及センターとたくさんの講師が様々な研修を行うので、様々な学びを得てほしい。また、塾生同士の交流を深め仲間作りの場としてもらいたい」と挨拶がありました。
 開講式に引続き、第1回研修会が行われました。講師の普及センター北空知支所 田川洋一支所長より農業経営を主とした講演をいただきました。令和3年度の米価低迷を受け「水田利活用」のポイントとして、複合経営を考える上で、他品目や新たな栽培様式を導入する際の注意点について説明を受けました。塾生からは「米と麦の価格差がここまで大きいとは思わなかった」「機械導入の費用負担をどう考えるべきか」などの感想・質問が寄せられました。
 講義後に受講生同士の交流を深めることを目的とした茶話会を開催し、活発な意見交換が行われました。今後、元気塾で学びたいことの提案や、今回の研修会を通して改めて自らの経営を考えるきっかけになったと話した受講生もいました。充実した時間を過ごし、塾生同士のつながりが深まりました。

写真1 あいさつする佐藤会長

あいさつをする佐藤会長

写真2 受講生の様子

受講生の様子

写真3 講義をする田川支所長

講義をする田川支所長

写真4 茶話会の様子

茶話会の様子

カテゴリー

空知農業改良普及センターのカテゴリ

page top