R2深川小学校出前授業の開催

深川小学校出前授業の開催

 令和2年(2020年)11月5日(木)に深川小学校4年生を対象とした出前授業を開催しました。平成17年から16回目の恒例行事ですが、7月には北部耕地に来てもらって行う農村環境学習会がコロナの影響で中止となってしまったので、小学校側も授業のやりくりも大変だったと思いますが、満を持しての開催となりました。町中の小学校なので農家の子供は2人と少なかったです。

 1時間目の最初はパワーポイントを使って深川の農業の歴史や用水路の水の流れについてクイズを交えながら説明をしました。「深川を開拓した人は?」「さっき習ったばっかりだよー」と先生のハッパがかかります。手を上げた生徒が「菊亭 脩季(きくていゆきすえ)~!」と答えました。

PB050002.JPG

 次に深川土地改良区の脱穀、籾すり体験です。今年収穫したふっくりんこの稲束を千歯扱きで脱穀体験。力いっぱい引っ張り、籾がバラバラとブルーシートに落ちました。そのあと、擂鉢とソフトボールを使って籾すりを行いました。擂鉢に口を近づけふーっと吹くと、籾殻が飛んで玄米の状態に。

P1030992.JPG

P1030999.JPG

 2時間目は4つのブースに分かれて個別の授業です。

 区画整理の模型を段ボールで作り、大きな区画と小さな区画の迷路にしてピンポン玉をゴールまでどちらが早く着けるか競争。早くもゴール、「やったー!!」

DSCN1646.JPG

 次は食料自給率のコーナー。小学校の授業ではまだ習っていませんが、先取りして。大好きなハンバーガーの日本の自給率は1%。国産の食料だけで作ると4倍もするんだね。日本の食料自給率は39%、でも北海道は200%以上です。

DSCN1669.JPG

 農村地域にはいろいろな昆虫が住んでします。農業に対して良い虫、悪い虫がいますね。クイズ形式でそれを分けてもらいます。「カエルは?」「見えちゃった」「そうだったか~」「これは益虫ね」。ウン◯知ってる?「コ、じゃないよ」「ウンカといって害虫です。」

DSCN1671.JPG

 最後はクイズ形式で深川の農業について興味を深めてもらいます。深川で一番とれる作物は?「お米~」北海道で何番目の生産地?「わからない」「3番目です」北海道でとれる農作物で今一番旬なものは、アスパラ、メロン、リンゴのうちどれかな?「リンゴ~」農産物にはそれぞれ旬の時期があります。リンゴの旬は秋ですね。

DSCN1674.JPG

 2時間の授業はあっという間でした。生徒さんからお礼の言葉をもらい、今年の出前授業も無事終えることができました。農村の身近な地域の農業や農産物について、理解を深める手助けができればと願っております。

                  v4_bis059.gif      v4_bis060.gif

カテゴリー

page top