シナノキミズナラ保護林(2)


シナノキミズナラ保護林(2)


sb_hogorin_sinamizu02_title.gif
位置など
所在地   芦別市豊岡(空知管理区246林班5小班) sb_hogorin_map_syousaibt.gifsb_pdf_file_icon.gif632KB
面 積   4.96ヘクタール
設定年   昭和50年10月
設定目的
 シナノキを主体にミズナラ、ダケカンバなどの中・大径木が混生している疎林のため、チシマザサが密生し更新状況が悪い林分に対し、樹木の生長経過、更新状況などを調査・観察し、将来の森林施業、山づくりの指針とするため保護林として設定しました。

sb_hogorin_sinamizu02_photo2.jpg
林況
 高蓄積を示す広葉樹林であるが、形質不良の大径木が優先しているものの、一部広葉樹の稚樹や幼齢木が更新している箇所があります。
 平均本数:560本 平均蓄積:344m3 
 平均直径:21cm 平均樹高:11.4m

 主な草本:シダ類 (H16年9月調査結果)


sb_hogorin_sinamizu02_photo.jpg
見どころ
 設定当時、更新木があまり見られなかったが、樹木が大きくなるにしたがって、チシマザサが衰退し、広葉樹の更新木が発生するなど森林の推移が見られます。
sb_hogorin_tyuuimark.gif

 保護林の入口看板および、保護林内の歩道、案内標識は設置されていませんので入林の際はご注意下さい。

カテゴリー

page top