小児医療

  

小児医療


 



 小児慢性特定疾患治療研究事業

小児慢性特定疾患治療研究事業とは、慢性疾患にかかっていることにより、長期にわたり療養を必要とする児童等の健全な育成を図るため、当該疾患の治療方法に関する研究を行うとともに、治療に要した費用の一部を公費負担することにより、ご家族の負担軽減を図ることを目的とした制度です


 未熟児養育医療給付事業  ※平成25年4月から申請窓口が市町村に変わりました。

 出生時体重が2,000g以下等の未熟児であって、医師が入院療育を必要と認めた場合に、医療費の助成が受けられます。

 【問い合わせ先】 お住まいの市町村にお問い合わせください。



             

  自立支援医療費(育成医療)  ※平成25年4月から申請窓口が市町村に変わりました。   

  身体に障害を有する児童または放置すれば将来障害を残すと認められる児童に、確実な治療こうが期待できる場合に、医療費の助成が受けられます。



  

                                                     


    

 

  結核児童療育給付事業 

 骨関節結核、その他の結核にかかっている児童は、長期間の入院療養を必要とするとともに、心身の発育途上にあるため、医療費や学用品などに係る経費の負担を軽減します。

      

       

       


カテゴリー

お問い合わせ

空知総合振興局保健環境部保健行政室(岩見沢保健所)企画総務課

〒068-8558岩見沢市8条西5丁目

電話:
0126-20-0100
Fax:
0126-22-2514

page top