スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_砂川市


最終更新日:2011年3月09日(水)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_砂川市


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

すながわし
  砂川市

北海道のほぼ中央、石狩川とその支流空知川の合流点に位置し、河川による木材の流送や砂利の採取が行われ、水田が開かれ工業がおこった。度重なる河川氾濫により被害を受けながらも、南北に細長く展開する平地地帯を中心に繁栄。戦後は緑化都市宣言を行い、北海道では唯一の「アメニティ・タウン(快適環境都市)」として環境庁のモデル地域に指定されている。
 



北海道子どもの国 〒073-0108 砂川市北光496-25
すながわスイートロード 〒073-0195 砂川市西6条北3丁目1-1(事務局)
ソメスサドル 〒073-0108 砂川市北光237-6(ショールーム)
砂川オアシスパーク 〒073-0148 砂川市西豊沼2-1
北光公園 〒073-0163 砂川市西3条北10丁目




「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ