スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_奈井江町


最終更新日:2011年3月09日(水)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_奈井江町


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

ないえちょう
  奈井江町

道央空知の中心部、石狩平野のやや北部に位置し、東は夕張山系、西は石狩川に接する。JR函館本線と国道12号が縦貫する中央部は平坦で地味肥沃な農地となっており、農業を開基以来の基幹産業とする。東側山手には高速自動車道が南北に縦貫しているほか、国道12号沿線には、利便性の高い工業団地「空知団地」が造成されている。
 



にわ山森林自然公園(石炭露頭) 〒079-0300 奈井江町字東奈井江59-7
住友奈井江鉱跡 〒079-0300 奈井江町字奈井江938-1



道の駅・ハウスヤルビ奈井江 〒079-0300 奈井江町字奈井江28-1
奈井江町文化ホール 〒079-0300 奈井江町字奈井江町243-24
新ないえ温泉ホテル北乃湯 〒079-0300 奈井江町字東奈井江162




「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ