スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_美唄市


最終更新日:2011年3月09日(水)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_美唄市


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

びばいし
  美唄市

石狩平野のほぼ中心に位置し、かつては石狩炭田の一部として豊富な石炭を産出する道内有数の採炭地だった。石狩川が流れる西側は湖沼が点在する湿地帯であり、マガンの飛来地として知られる宮島沼は、ラムサール条約登録湿地となっている。市内を縦貫する国道12号線は日本の道路で最も長い直線区間として知られる。
 



南美唄炭鉱職員住宅 〒072-0816 美唄市南美唄町仲町
旧栄小学校(アルテピアッツァ美唄) 〒072-0831 美唄市落合町栄町
旧三菱美唄炭鉱施設(炭鉱メモリアル森林公園) 〒072-0000 美唄市東美唄町一ノ沢
旧三井美唄第2坑選炭場 〒072-0842 美唄市盤の沢町本町
茶志内炭山郵便局 〒072-0263 美唄市日東町住吉



峰延ハスカップ 美唄市峰延町
美唄焼き鳥 美唄市内
中村のとりめし 美唄市内




「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ