スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧北炭滝之上水力発電所


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧北炭滝之上水力発電所


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうほくたんたきのうえすいりょくはつでんしょ(げんほっかいどうきぎょうきょくたきのうえはつでんしょ)
  旧北炭滝之上水力発電所(現北海道企業局滝の上発電所)

北炭の採炭電化の一環として、1924(大正13)年に建設された小規模水力発電所。その後に建設された清水沢火力発電所とともに炭鉱の電化・機械化を支えた。北炭が夕張での採炭事業から撤退したため、1994(平成6)年に北海道に譲渡。現在は北海道企業局の水力発電所として使用されている。また、地域のランドマークとして滝の上公園の景観に無くてはならない施設となっている。一部改修された部分もあるが、おおむね建設当時の原形が保たれており、案内板も整備されている。  


住 所   068-0756 夕張市滝ノ上5-1 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR石勝線「滝ノ上駅」下車→川端方面徒歩約10分


道東自動車道「夕張IC」→国道274号紅葉山方面左折→JR石勝線「滝ノ上駅」通過後信号左折すぐ
問い合わせ先   北海道企業局発電課
TEL:011-231-4111(代)
URL   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kg/htd/
MEMO   敷地外から外観のみ見学・撮影可能。敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
※無料駐車場あり
周辺の見どころ   滝の上公園
清水沢ダム
万字線鉄道資料館


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ