スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_シューパロ湖


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_シューパロ湖


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

しゅーぱろこ
  シューパロ湖

大夕張ダムの建設でできた人造湖。例年10月中旬頃が見頃になる紅葉の季節には、湖面に夕張岳、樹木、世界でも珍しい貴重な橋(三弦橋)が美しいコントラストを描き出す。 三弦橋は、三弦ワーレントラス構造という、正面から見ると三角形の断面をしており、鉄道橋や車道橋ではほとんど例を見ない独特な様式で、産業遺産として非常に価値の高い橋梁。 しかしながら、2013年完成予定の夕張シューパロダムの湖水面上昇により水没してしまう。  


住 所   068-0662  夕張市鹿島明石町 googleマップで見る
アクセス  
道道3号(札幌夕張線)→道道38号(夕張岩見沢線)清水沢方面右折→国道452号芦別方面左折
問い合わせ先   北海道開発局石狩川開発建設部
夕張シューパロダム総合建設事務所
TEL:011-621-1541
MEMO   冠水期と渇水期の水位の差がある。紅葉の見頃は10月上旬~中旬。
周辺の見どころ   三菱大夕張鉄道保存車両
夕張めろん城
桂沢湖


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ