スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_清水沢ダム


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_清水沢ダム


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

しみずさわだむ
  清水沢ダム

北海道炭礦汽船(北炭)が北炭夕張炭鉱等に電力を供給するための自家発電用として、1940年(昭和15年)5月19日に完成・運用された民間企業所有ダムであったが、炭鉱の閉山と共に北海道企業局へ移管。ダムの向かいに、同じく北炭が所有していた清水沢火力発電所(2011年1月現在解体中)を見ることができる。  


住 所   068-0532 夕張市清水沢清栄町 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR石勝線「清水沢駅」→夕鉄バス「清水沢駅前」(南部行き)→「清湖町入口」下車、徒歩3分


道道3号(札幌夕張線)→道道38号(夕張岩見沢線)清水沢方面右折→国道452号芦別方面左折
問い合わせ先   北海道企業局発電課
TEL:011-231-4111(代)
URL   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kg/htd/
MEMO   外観のみ見学。
ダム上道路は通行可。
周辺の見どころ   スパ・イン メープルロッジ
シューパロ湖
桂沢湖


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ