スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧北炭北海道支店石炭分析室


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧北炭北海道支店石炭分析室


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうほくたんほっかいどうしてんせきたんぶんせきしつ
  旧北炭北海道支店石炭分析室

北海道炭礦汽船株式会社北海道支店の設置後、石炭の品質改善、利用・販売促進、採炭技術の改良を目的に1919(大正8)年に支店の隣接地に建設。レンガ造りのコンパクトな施設だが、コンクリートとレンガとの混構造が意匠に反映されており、印象深い施設。  


住 所   068-0414  夕張市鹿の谷山手町52 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR石勝線「鹿ノ谷駅」下車、道道38号(夕張岩見沢線)まで出て北へ1つ目の信号左へ上る→突き当り右折→左前方、徒歩7分


道道3号(札幌夕張線)→道道38号(夕張岩見沢線)夕張駅方面左折→鹿ノ谷駅前信号の次信号を左折→突き当り右折→左前方
問い合わせ先   夕張市役所まちづくり企画室
TEL:0123-52-3141
URL   http://www.city.yubari.lg.jp/
MEMO   外観のみ見学可能。
周辺の見どころ   夕張鹿鳴館(旧北炭鹿ノ谷倶楽部)
石炭大露頭「夕張二十四尺層」
万字炭山森林公園(選炭場跡、ズリ山)


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ