スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_高松北炭夕張炭鉱専用鉄道跨線橋


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_高松北炭夕張炭鉱専用鉄道跨線橋


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

たかまつほくたんゆうばりたんこうせんようてつどうこせんきょう
  高松北炭夕張炭鉱専用鉄道跨線橋

夕張鉄道に接続していた北炭夕張炭鉱専用鉄道に架かる跨線橋で、1936(昭和11)年に高松地区の住宅地と高松の炭鉱浴場を結ぶ橋として建設。橋の両側に階段がある変わった造り。すでに高松炭住街は解体されているが、現在は登録有形文化財となっており、北の零年希望の杜(映画ロケセット)への入り口として利用されている。長さ22m、幅2.4m。  


住 所   068-0401 夕張市高松   googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR石勝線「夕張駅」→夕鉄バス「レースイリゾート」(社光循環)→「社光」下車、徒歩約2分


道道3号(札幌夕張線)→道道38号(夕張岩見沢線)夕張駅方面左折→夕張市立診療所前丁字路右斜折
問い合わせ先   夕張市役所まちづくり企画室
TEL:0123-52-3141
URL   http://www.city.yubari.lg.jp/
MEMO   外観のみ見学。
周辺の見どころ   夕張鉄道駅舎(新二岐・継立)
石炭大露頭「夕張二十四尺層」
小林酒造レンガ蔵倉庫群・北の錦記念館


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ