スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_石炭大露頭「夕張二十四尺層」


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_石炭大露頭「夕張二十四尺層」


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

せきたんだいろとう「ゆうばりにじゅうよんしゃくそう」
  石炭大露頭「夕張二十四尺層」

1888(明治21)年に発見された、夕張炭鉱発祥の自然モニュメントで、7mもの大きさの石炭層を身近に見られるのは全国でもここだけ。1974(昭和49)年に北海道指定天然記念物として指定。  


住 所   068-0401 夕張市高松(石炭博物館隣接) googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR石勝線「夕張駅」→夕鉄バス「レースイリゾート」(社光循環)→「社光」下車、徒歩約10分


道道3号(札幌夕張線)→道道38号(夕張岩見沢線)夕張駅方面左折→社光付近看板目印右折
問い合わせ先   夕張リゾート予約センター
TEL:0123-52-3456
URL   http://www.yubari-resort.com/green/visit/museum.php
MEMO   一般公開
周辺の見どころ   夕張鹿鳴館(旧北炭鹿ノ谷倶楽部)
北炭清水沢炭鉱ズリ山
万字線鉄道公園(旧万字線朝日駅)


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ