スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_住友上歌志内鉱第一立坑櫓


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_住友上歌志内鉱第一立坑櫓


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

すみともかみうたしないこうだいいちたてこうやぐら
  住友上歌志内鉱第一立坑櫓

上歌志内炭鉱時代に建設された立坑櫓。立坑の深さ248m。 上歌志内鉱時代は、人員・石炭運搬用に使用されていたが、住友石炭鉱業赤平鉱との統合後、1987(昭和62)年から排気立坑として利用。排気効率を図るため立坑櫓を覆い筒状にしたため、それまで外から見えていた櫓鉄骨構造は見えなくなった。1994(平成6)年閉山。擁壁は立坑を補強するために建設されたもの (現在覆土のため、目視不可)。  


住 所   073-0401 歌志内市上歌 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「砂川駅」→中央バス「砂川ターミナル」(歌志内線)→「上歌志内」下車→徒歩約1分


道央自動車道「奈井江砂川IC」から道道114号赤平奈井江線を赤平方面へ約30分
問い合わせ先   歌志内市役所
担当部署:産業建設課商工観光グループ
TEL:0125-42-3215
URL   http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/
MEMO   敷地外より外観のみ見学・撮影可能。
敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
周辺の見どころ   すながわスイートロード
かもい岳温泉・かもい岳スキー場
郷土館ゆめつむぎ


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ