スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧上歌会館(現悲別ロマン座)


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧上歌会館(現悲別ロマン座)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうかみうたかいかん(げんかなしべつろまんざ)
  旧上歌会館(現悲別ロマン座)

旧住友上歌志内鉱の職員厚生施設(映画館)。1953(昭和28)年にオープン。炭鉱の全盛時には当時の一流歌手のショーなどが催され大勢の市民で賑わった。炭鉱閉山後は活用されることもなく廃墟状態だったが、テレビドラマ「昨日、悲別で」のロケ舞台になってからは、市内の有志によって保存運動が展開され、これに伴い、会館の一部も改修された。映写室には当時使用された映写機が保存されている。  


住 所   073-0401 歌志内市上歌1 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「砂川駅」→中央バス「砂川ターミナル」(歌志内線)→「上歌志内」下車、徒歩約1分


道央自動車道「奈井江砂川IC」から道道114号赤平奈井江線を赤平方面へ約20km
問い合わせ先   悲別ロマン座保存会
TEL:0125-42-3338
URL   http://www.ac.auone-net.jp/~roman-za/
MEMO   営業・開館時間/5月上旬~10月中旬
入館料/無料
※無料駐車場あり、10台
周辺の見どころ   かもい岳温泉・かもい岳スキー場
住友赤平炭鉱立坑櫓
旧上砂川駅舎(悲別駅舎)


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ