スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_太郎吉蔵・五十嵐威暢


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_太郎吉蔵・五十嵐威暢


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

たろきちぐら・いがらしたけのぶ
  太郎吉蔵・五十嵐威暢

1915(大正4)年に営業を始めた五十嵐酒造店の貯蔵倉庫として1926(大正15)年に建設された、174平方メートルの建物で、1970(昭和45)年まで使用されていた。 外壁には北海道内で産出された軟石(凝灰岩)が使用され、内部の木骨は昇り梁の上に短束を載せ、そこに棟木から軒先に向けて垂木をかけるという珍しい小屋組構造を有している。施主である五十嵐太郎吉は、滝川商工会や北海道商工会の初代会頭に就任するなど滝川商業界の代表的人物であり、滝川の歴史を伝える貴重な建造物。2010(平成22)年12月1日に滝川市指定文化財に指定された。  


住 所   073-0031 滝川市栄町2-8-9 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「滝川駅」より徒歩5分


道央自動車道「滝川IC」より10分
問い合わせ先   特定非営利活動法人 アートチャレンジ滝川
〒073-0031 北海道滝川市栄町2-8-9
Tel + Fax : 0125-22-7337
E-mail:tarokichi-gura@act-takikawa.or.jp
URL   http://www.act-takikawa.or.jp/act/tarokichi.htm
MEMO   観覧・利用の際は、アートチャレンジ滝川に問合せのこと
周辺の見どころ   スカイパーク
北炭赤間炭鉱ズリ山(ズリ山階段・ズリ山展望広場)
滝川市郷土館


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ