スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_弥生地区の炭鉱住宅


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_弥生地区の炭鉱住宅


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

やよいちくのたんこうじゅうたく
  弥生地区の炭鉱住宅

1960年代後半から建築された赤い三角屋根の棟続きの住宅(1棟6戸建てで、それぞれ中2階)が特徴的。また煙突の形状も独特。現在も入居者がいるので、外観は見学可能だが、敷地内の見学は所有者の許可が必要。  


住 所   068-2123 三笠市弥生桃山町・柳町 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「岩見沢駅」→中央バス「岩見沢ターミナル」(三笠線)→「藤沢町」下車、徒歩5分


道央自動車道「三笠IC」→道道116号岩見沢三笠線を三笠・桂沢方面へ(三笠ICから約15分)
問い合わせ先   三笠市役所
担当部署:企画振興課
TEL:01267-2-3182
FAX:01267-2-7880
URL   http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/
MEMO   敷地外から外観のみ見学・撮影可能。
敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
周辺の見どころ   三笠あすか梅の杜
旧幌内線唐松駅
南美唄炭鉱職員住宅


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ