スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧幌内線唐松駅


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧幌内線唐松駅


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうほろないせんとうまつえき
  旧幌内線唐松駅

唐松駅(とうまつえき)は、三笠市唐松にあった旧幌内線の駅。1929(昭和4)年、藤松沢の炭鉱の経営を開始した住友炭鉱(株)の要望によって開駅し、翌年の1930(昭和5)年から一般運輸を開始。幌内線の廃止にともない、1987(昭和62)年に廃駅となった。廃止後しばらくはそのまま放置されていたが、地元有志により駅周辺の整備、駅舎の修復、記念品の展示、看板のかけ替えが行われ、現役当時の雰囲気を今に伝えている。  


住 所   三笠市唐松町1丁目 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「岩見沢駅」→中央バス「岩見沢ターミナル」(三笠線)→「唐松1丁目」


道央自動車道「三笠IC」→道道116号岩見沢三笠線を三笠方面へ→道道917号岩見沢桂沢線を桂沢方面へ(三笠ICから約20分)
問い合わせ先   三笠市役所
担当部署:企画振興課
TEL:01267-2-3182
FAX:01267-2-7880
URL   http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/
周辺の見どころ   旧幌内線萱野駅
住友奔別立坑
旧三井芦別鉄道三井芦別駅


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ