スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_住友奔別炭鉱立坑櫓


最終更新日:2018年9月13日(木)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_住友奔別炭鉱立坑櫓


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

すみともぽんべつたんこうたてこうやぐら
  住友奔別炭鉱立坑櫓

1960(昭和35)年に建築された立坑櫓。高さ約51m、立坑内径6.4m深さ750mを誇る、東洋一と呼ばれた立坑。スキップ・ケージ巻揚げ方式で、鉱員、石炭、機械、ズリなどを一挙に運搬できる国内初のシステムを採用。完成当時は「100年採炭できる」と言われていたが、1971(昭和46)年10月25日に閉山。立坑密閉作業中に死傷者を出す爆発事故が発生。現在も、その爆発の激しさを見ることができる。   


住 所   068-2100 三笠市奔別町 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「岩見沢駅」→中央バス「岩見沢ターミナル」(三笠線)→「幾春別4丁目」下車、徒歩約10分


道央自動車道「三笠IC」→道道116号岩見沢三笠線を三笠・桂沢方面へ(三笠ICから約20分)
問い合わせ先   三笠市役所
担当部署:企画振興課
TEL:01267-2-3182
FAX:01267-2-7880
URL   http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/
MEMO   敷地外から外観のみ見学・撮影可能。
敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
周辺の見どころ   北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓
旧三井芦別鉄道橋梁+車輌(炭山川鉄橋)
旧住友赤平炭鉱立坑櫓


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ