スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧幌内線萱野駅(萱野駅ライダーハウス)


最終更新日:2013年8月13日(火)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧幌内線萱野駅(萱野駅ライダーハウス)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうほろないせんかやのえき(かやのえきらいだーはうす)
  旧幌内線萱野駅(萱野駅ライダーハウス)

幌内線は1882(明治15)年、石炭輸送のため小樽(手宮)幌内間に敷設された北海道で最も古い鉄道路線(国内3番目)。萱野駅は1913(大正2)年に開設、1987(昭和62)年に幌内線の廃止とともにその役目を終えた。廃止直前の幌内線は、岩見沢駅で函館本線から分岐し、三笠市の幾春別駅とを結ぶローカル路線として運行。石炭産業と盛衰をともにした路線のひとつ。現在の萱野駅は2001(平成13)年に地域住民の活動によって再生されたもの。ライダーハウスとして開放されている。  


住 所   068-2166 三笠市萱野128-2 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR函館本線「岩見沢駅」→中央バス「岩見沢ターミナル」(三笠線)→「三笠インター入口」下車、徒歩約30分


道央自動車道「三笠IC」→道道116号岩見沢三笠線を岩見沢方面へ→道道30号との交差点で左折・約1km(三笠ICから約5分)
問い合わせ先  

【ライダーハウスの宿泊に関する問い合わせ先】
管理者 坂梨 宣行(個人)
TEL:01267-2-7497

【その他の問い合わせ先】
三笠市役所
担当部署:企画振興課
TEL:01267-2-3182
FAX:01267-2-7880

URL   http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/
周辺の見どころ   クロフォード公園(三笠鉄道村・三笠ゾーン)
三笠鉄道村・鉄道記念館
万字線鉄道公園(旧万字線朝日駅)


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ