スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧三井美唄第2坑選炭場


最終更新日:2018年9月11日(火)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_旧三井美唄第2坑選炭場


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

きゅうみついびばいだいにこうせんたんじょう
  旧三井美唄第2坑選炭場

三井美唄炭鉱第2坑は、元は徳田炭鉱として操業開始した炭鉱で、その後新美唄炭鉱(株)を経て三井美唄鉱業所が買収し、三井新美唄炭鉱として経営。その後、三井美唄鉱業所と合併し、三井美唄第2坑となった。昭和29年4月第2坑閉鎖。道道135号美唄富良野線沿い(美唄ダムに向って左側)に三井美唄第2坑の選炭工場跡が残っている。付近には、沈殿池や選炭機の土台も一部現存している。規模は大きくないが、三井美唄炭鉱第2坑の当時の様子を伝える数少ない貴重な施設。  


住 所   072-0842 美唄市盤の沢町本町 googleマップで見る
アクセス  
道央自動車道「美唄IC」→道道135号美唄富良野線を我路方面へ(美唄ICから約10分)
問い合わせ先   美唄市総務部地域経営室
TEL:0126-62-3137
FAX:0126-62-1088
MEMO   敷地外より外観のみ見学・撮影可能。
敷地内の見学は所有者等の許可が必要。
周辺の見どころ   アルテピアッツァ美唄
美唄焼き鳥
旧三菱美唄炭鉱施設(炭鉱メモリアル森林公園)


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ