スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_頼城の「坑夫の像」


最終更新日:2018年9月11日(火)


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる_頼城の「坑夫の像」


そらち炭鉱(やま)の記憶をめぐる

らいじょうの「こうふのぞう」
  頼城の「坑夫の像」

芦別市頼城町国道452号沿いに立つ。西芦別町の三井芦別石炭労務課外勤詰所前にあった「坑夫の像」の老朽化が激しかったことから、同鉱OBや町内会役員らが保存会を設立し、1997(平成9)年複製像を建立。旧像は、1944(昭和19)年に軍需省が派遣した軍需生産美術推進隊彫刻班の古賀忠雄氏(のちに日本彫刻家協会理事長)らによって制作されたもので、新像完成とともに取り壊されている。  


住 所   075-0164 芦別市頼城町東町8丁目 googleマップで見る
アクセス   公共交通
JR根室本線「芦別駅」→空知交通(株)キラキラバス「芦別駅前」(頼城線)→「青少年会館」下車、徒歩1分


芦別市街→国道452号(三笠方面)約7km(頼城町郵便局前)
問い合わせ先   星の降る里百年記念館
TEL:0124-24-2121
FAX:0124-24-2124
E-mail:hkanri@city.ashibetsu.hokkaido.jp
MEMO   一般公開。自由に見学可。
周辺の見どころ   旧三井芦別鉄道橋梁+車輌(旧三井芦別鉄道炭山川橋梁)
星槎大学(旧頼城小学校)
上砂川岳温泉パンケの湯


「そらち炭鉱の記憶をめぐる」トップへ | このサイトについて | リンク | サイトマップ