スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  そらっちコンシェルジュ 新十津川町ページ


最終更新日:2013年3月21日(木)


そらっちコンシェルジュ 新十津川町ページ


そらっちコンシェルジュ
新十津川町(しんとつかわちょう)
母村は奈良県十津川村、伝統・文化を継承するまち

新十津川町は空知管内のほぼ中央部、樺戸郡の北端にあり、石狩川の右岸に位置しています。奈良県吉野郡十津川村の住民が豪雨による水害に遭い、新たな生活地を求めて移住し開拓、この地に故郷の名をとってを新十津川と名付けたのが町名の由来です。そのため、先人からの伝統や文化が数々継承されているのが特徴。母村・十津川村とは今でもつながりが深く、同じ町(村)章を用いているほか、両方の住民が交流を深めています。

しんとつかわで・・・遊ぶ・観る・楽しむ・泊まる

しんとつかわで・・・遊ぶ・観る・楽しむ・泊まる

しんとつかわで・・・味わう・買う

しんとつかわで・・・味わう・買う

しんとつかわで・・・体験する・学ぶ

しんとつかわで・・・体験する・学ぶ