スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合振興局直轄 > 課税課 >  不動産取得税


最終更新日:2015年4月24日(金)


不動産取得税


土地や建物の税金・・・・・不動産取得税

TEL 0126(20)0051・0052(直通),FAX(25)7149


不動産取得税Q&A

【担当係】:不動産取得税係  (内線2344・2347)
□ 不動産取得税とは?

□ 誰に課税されるの?

□ 課税される額は?

□ 軽減措置とは?



■ 不動産取得税とは?

  • 不動産取得税とは、不動産(土地・家屋)の取得に対して税金を負担する能力(担税力)があるものとして課税されるものです。

■ 誰に課税されるの?

  • 土地を売買、贈与、交換、譲渡担保などによって取得した人。
  • 家屋を建築(新築・増築・改築)、売買、贈与、交換、譲渡担保などで取得した人。

(不動産の取得は、有償であると、無償であるとを問いません。相続により不動産を取得した場合は課税されません。)


■ 課税される額は?

  • 不動産の価格×税率(※)    ※税率は取得日により下記のとおり適用されます。
     取得日

土 地  

 家屋

(住宅)

     家屋

(住宅以外)

平成20年4月1日から

平成30年3月31日まで

 3%   3%      4%

宅地を平成30年3月31日のまでの間に取得した場合は、宅地の価格が2分の1に軽減されます (不動産の価格とは、実際の取得費用ではありません。 市町村の固定資産課税台帳の登録価格による場合と固定資産評価基準により評価した価格の場合があります)。


■ 軽減措置とは?

  • 新築住宅や中古住宅又はその敷地を取得した場合で、一定の要件に該当するとき。
  • 公共事業のため土地や家屋を譲渡し、2年以内に代わりの不動産を取得したとき。
  • 不動産を取得してから3ヶ月以内に災害にあったとき又は災害にあってから2年以内に代わりの不動産を取得したとき。



税のページへ戻る