スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  そらちdeサイクリング/夏 ファミリーコース


最終更新日:2013年4月08日(月)


そらちdeサイクリング/夏 ファミリーコース


レッツ!そらちdeサイクリングTOPページへ
  • 魅力満載!そらちdeサイクリング
  • サイクリングを楽しむために
  • お役立ち情報
  • みどころ別コースガイド
  • リンク
  • 春のおすすめコース
  • ファミリーコース
  • スポーツコース
  • アクティブコース
  • 夏のおすすめコース
  • ファミリーコース
  • スポーツコース
  • アクティブコース
  • チャレンジコース
  • チャレンジコース
  • 秋のおすすめコース
  • ファミリーコース
  • スポーツコース
  • アクティブコース
  • 冬のおすすめコース
  • 冬のコース
  • 広域コース
  • 岩見沢・美唄・月形・当別・新篠津
  • 沼田・留萌・小平
  • 沼田・深川・旭川・鷹栖・幌加内

夏ファミリーコース7km

勾配図

  • 体験レポートを見る
  • Google MAPを見る
  • 地図を見る
  • みどころ他情報を見る

みどころ情報

1エルム高原 オートキャンプ場

1エルム高原 オートキャンプ場

■所在地:赤平市幌岡町392-1
■お問合先:0125-34-2164
■営業期間:5月中旬~10月下旬
■利用料:入場料(入浴券付き)
大人1000円 小人500円
サイト使用料2,000円~
■各サイトに電源、水道、排水など施設が充実しており、テントの持たない方でもケビンを利用すれば、快適キャンプが楽しめます。売店、自動販売機、貸自転車、コインランドリー、シャワー室も完備し、長期滞在にも適しています。

4赤平よりみちの駅 幌岡SOUKO

4赤平よりみちの駅 幌岡SOUKO

■所在地:赤平市幌岡町54
■お問合先:0125-32-6760
■営業期間:5月~10月
■営業時間:10:00~15:00
夏期 10:00~17:00
■休業日:不定休
■よりみちの駅「幌岡SOUKO」では赤平の情報発信、飲食コ-ナ-、農産物の直売、手づくり工房(お菓子、麺、漬け物、惣菜)を設け、春から秋にか けて運営されています。

2エルム高原温泉 ゆったり

2エルム高原温泉 ゆったり

■所在地:赤平市幌岡町377
■お問合先:0125-34-2155
■営業時間:10:00~21:00
■休業日:年中無休
■入浴料:大人500円 小人300円
■大自然に包まれた森林の澄んだ雰囲気を味わえるエルム高原温泉「ゆったり」。エルム高原を一望できる露天風呂をはじめ、ジャグジー、サウナなど温泉以外にも多彩な入浴が楽しめます。

5フラワーヒルズコミュニティー広場

5フラワーヒルズコミュニティー広場

■所在地:赤平市幌岡町147-1
■お問合先:0125-32-5121
(赤平振興公社)
■緑の芝生が広がり、 岩を積み上げた小さな滝が流れる日本庭園作りの広場です。広場内の丘からは赤平の雄大な自然が眺望できます。国道38号線沿いに見える大きなお城の麓ににある公園です。

3エルム高原 家族旅行村

3エルム高原 家族旅行村

■所在地:赤平市幌岡町375
■お問合先:0125-32-6160
■営業期間:5月上旬~10月下旬
■サイト使用料:一人500円
■広大な自然の中でのんびりキャンプを楽しめる家族旅行村。遊び心を満喫できるトリム広場やカスケード(人工の滝)が流れるローンスタジアム、テニスコートもあり、たっぷり楽しんだ後は、バーベキューコーナーでお腹も満腹。温泉も歩いていけるので、便利で楽しいキャンプ場です。
 

じゃガール

町おこしの一環として地元市民が中心となり、4年の歳月をかけ完成させた赤平新名物の『じゃガール』。
地元の赤じゃがいもを用いたパリッパリの生地に野菜や豚ひき肉などをつつみこんだ食感あふれるボリュームたっぷりのご当地グルメです。
味は3種類あり価格も300円前後。子供から大人まで広く親しまれています。

■お問合先:幌岡SOUKO 0125-32-6760

がんがん鍋

ストーブをガンガンたいて、ガンガン食べて、ガンガン働いた炭鉱の街のイメージを基につくられた赤平名物のがんがん鍋。豚ホルモンをメインに野菜や豆腐を味噌ベースのスープで煮込んだ鍋は、栄養たっぷりでスタミナアップ間違いなし。
炭鉱街伝統の味をぜひご賞味ください。

■お問合先:がんがん鍋協議会 0125-32-2265

●熱中症にならないために

サイクリング中は風を受けて走ることで涼しさを感じ、脱水状況に気づかず熱中症になる危険性があります。
近年では熱中症による死亡事故も多く見受けられます。
無理をせず休みながら進むことを心がけましょう。
また多量の汗をかくと、水分と同時に塩分も不足します。真水よりも、塩分を含んだスポーツドリンクがオススメです。
真水しか手に入らない場合に備え、塩アメなど塩分補給できる食品を携行しましょう。

●道が分からなくなった時

交通量のある道路であれば、車に救助を求めるのが一番。
交通量が全くない道では、携帯電話など連絡手段があるなら、警察などに道を聞きましょう。
連絡手段の無い場合は、第一に来た道を可能な限り戻る。
完全に道を見失しなった場合、今より細い道に入らない、右左折をできるだけしないを原則に走行し、施設・車・人等を見つけ救助を求めましょう。

フットパス赤平コース