スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  空知における新規参入者の受入体制づくり


最終更新日:2014年8月28日(木)

                 新規参入者の受入体制づくり

 

    近年、農家戸数の減少や農村の高齢化が急速に進行する中で、優れた担い手の育成・確保は

管内農業の活性化を図る上で緊急かつ重要な課題であり、中でも、農家子弟に比べ設備投資や

資金調達の面で大きなハードルを抱えている新規参入者を定着させるためには、個人の努力は

もとより地域における受入体制や就農直後のフォローアップ体制の充実が求められていることから、

空知総合振興局では平成26年7月9日に担い手総合推進会議を開催し、「新規参入者受入体制づく

りガイドライン」を地域の関係機関に提案しました。

・ 地域担い手対策会議資料PPt      

・ 「新規参入者受入体制づくりガイドライン」(PDF