スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  平成25年度女性・高齢者チャレンジ活動表彰事業で空知管内から2グループ受賞!

空知の分類: 産業・経済 > 農業経営

最終更新日:2014年1月08日(水)


平成25年度女性・高齢者チャレンジ活動表彰事業で空知管内から2グループ受賞!


平成25年度女性・高齢者チャレンジ活動表彰事業

空知管内から2グループが受賞しました!

 道では、平成10年度より、農業経営の改善や起業化、農村生活の充実、地域振興などのために積極的に活動している女性農業者や高齢者を表彰し、その活動成果を広く全道に紹介するため、「女性・高齢者チャレンジ活動表彰事業」を実施しています。

 区  分 

 最   優   秀   賞

 優 秀 賞

 市 町 村

 岩見沢市

 深川市

 グループ名

小西泰子

 昴(うづら)

 活動の種類

 起業活動

 地域社会参画

 

 ☆最優秀賞 「小西泰子」氏の事例概要と講評   表彰式の様子はこちら

 設立時期 : 平成元年

 事 例 概 要

1.活動内容

■ふる里ふれあい店の直売活動
・地域の生産者約50名の地場産野菜、農産加工品を販売。
・体験農園として約150品種の野菜を展示。

■交流活動
・高齢者施設や知的障害者福祉施設との交流を実施。
・ファームカフェ、体験受入農場、加工グループなどを紹介した地域をつなぐ「ふれあいマップ」を作成。
・レストランのシェフを招いて現地視察会を開催。
・地域につなげる「豊正FAM協議会」を主催。

■食育活動
・園児・小学生親子を対象に食育を指導。

■女性活動への参画
・空知管内女性農業者ネットワークの代表を務め、活動の中心的な役割を果たしている。

2.活動の成果

■直売活動
・売り上げは現在800万円/年と年々増加。
・生産者の生産意欲の向上につながっている。
・加工品の新規開発(味噌・麹・三升漬け等)を促進。

■異業種や顧客との交流
・イベントに参加した加工業者との契約栽培が始まる。
・流通業者との交流により、市内の地産地消レストランが定期的に野菜の買い付けにくるようなる。

■地域農業のPR
・地域参加型のイベントとしてメディアに取り上げられる。

 

 講 評 

 長年にわたり、精力的かつ多彩な内容で、創意工夫に満ちた活動を展開しており、とくに初級園芸福祉士を取得しての園芸療法農場としての取組が特徴的である。

個人での取組から、高齢者施設等との交流やふれあいマップの作成、食農教育など、地域の取組へと展開しており、継続性も含め、その取り組みは高く評価できる。

 

 農家以外の方々との活動にも目配りされ、連携している姿は、これからの農業のあり方を考えさせられる。

 

 地域農業のPRにもつながっており活動の広がりが期待される。

 

 ☆優秀賞 「昴(うづら)」の事例概要と講評         表彰式の様子はこちら

 設立時期・人数 : 平成19年・12名 (65歳以上の割合 0%)

 事 例 概 要

1.活動内容

■愛食料理コンテスト
・特製パエリアで最優秀賞を受賞。

■消費者交流~子どもたちへの食育活動から
・小学校でパエリア作りを通して、地元農産物の味、特徴や調理方法を伝えている。

■地元農産物(さつまいも)を活用した商品開発に協力地元洋菓子店と連携。

■自らの技術と経営の発展
・栽培技術、農業簿記を学び、経営内容の把握と生活設計の樹立に向けた研修会などを開催している。

2.活動の成果

■消費者交流
・地元農産物の知名度アップに貢献。また、食育活動を通して、生産現場と消費者を身近にする活動となっている。

■地元農産物を活用した商品開発
・さつまいも栽培から商談、販売までの取組により、地域農産物を使用したいと考える事業者は着実に増えている。

■自らの技術と経営の発展
・各会員は経営の中心的農業者となり、各地域の生産現場で活躍している。
・会員から2名の農業士が誕生している。

 

 講 評 

市町村やJAの枠を超えて若い女性達が自ら始めた取組であり、若手女性農業者ならではの視点とアイデアに溢れた活動には驚きさえ感じられる。

 

彼女達の姿は、外出がままならない女性農業者に刺激を与えるものである。

 

地元の拓殖大学北海道短期大学が育種した黒米品種「きたのむらさき」を活用したメニューの開発、さつまいもなど新しい作物への挑戦、食育活動、菓子店との連携など、着実な成果を挙げていることが高く評価される。

 

女性農業士2名がメンバーとなり、栽培、経営管理等、営農に関わる技術の習得にも地道に取り組んでおり、女性農業者が経営や地域において活躍するモデルとなることが期待される。

戻る