スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  そらっちニュース第19号


最終更新日:2018年9月21日(金)


そらっちニュース 第19号


ロゴ

第19号

平成23年3月発行
発行:空知4Hクラブ連絡協議会
編集:空知総合振興局
     産業振興部 農務課

平成22年度 空知青年農業者会議開催

☆ 空知青年農業者会議 ☆
  各4Hクラブの活動成果を発表する平成22年度 空知青年農業者会議が12月1日に空知総合振興局 講堂で開催され、当日は農業青年、関係者を合わせ約100名の参加がありました。
   午前中は、アグリメッセージが行われ、9名の青年農業者が、日頃考えていることなど、農業への思い を発表しました。
  午後からは、プロジェクト発表が行われ、2部門に総勢6組の参加があり、各4Hクラブが1年間掛け て成し遂げたプロジェクトについて発表し、発表者のみならず、参加者それぞれが今後の農業について考 えることのできた、大変有意義なひと時になったことと思います。
アグリメッセージ風景 プロジェクト発表風景

アグリメッセージ風景

プロジェクト発表風景

受賞者等の横顔
受賞者等の横顔(左から羽貝局長、池岡真吾さん、
古瀬哲郎さん、増井彰宏さん、川崎会長)
[アグリメッセージ]
   最優秀賞 増井 彰宏 (岩見沢市4Hクラブ)
      『上幌・かみほろ・kamihoro!!』

[プロジェクト発表]
  最優秀賞 古瀬 哲郎 (ながぬま4Hクラブ)
      『ながねぎのの安定生産に向けて~近年の
        異常気象に打ち勝つ施肥改善の取り組み~』

   優秀賞  池岡 真吾 (南幌町4Hクラブ)
           『ほなみちゃんはシビアなの&heart;』

☆ 北海道青年農業者会議 ☆
  1月27日~28日に北大学術交流会館で開催され、約360名もの参加がありました。
  本会議では、空知代表としては、アグリメッセージに増井彰宏さん(岩見沢市4Hクラブ)が、プロジェクト発表の農産経営部門に、古瀬哲郎さん(ながぬま4Hクラブ)、池岡真吾さん(南幌町4Hクラブ)が、発表しました。
 結果は、アグリメッセージ及びプロジェクト発表のどちらも、残念ながら入賞とはなりませんでしたが、受賞者に負けないりっぱな発表でした。

4Hクラブの活動紹介~ 由仁町・栗山町 ~

町内のほ場にて
☆ 由仁町4Hクラブ(会員13名) ☆

 由仁町4Hクラブは、13名と少数ですが、多種多様な作物や経営内容の仲間が個々に目的意識を持って、プロジェクト活動や学習会に取り組んでいます。
 全体プロジェクトとして、昨年度より始めたインターネットによる由仁4H野菜セットの販売、そのほかにも水稲の育苗巡回、移植初期の成育調査、不稔・実収調査、麦の茎数調査、葉色測定調査、実収調査を行っています。
 個人プロジェクトでは、今年で3年目を迎えるクラブ員4名による種芋プロジェクトは、昨年から栗山町4Hクラブと合同で行っています。
 その他のクラブ員も小さな事でも目的達成に向けて、全員で話合い、取組み、切磋琢磨しています。
 由仁町4Hクラブは、パッションです。

☆ 栗山町4Hクラブ(会員27名) ☆

 私たち栗山町4Hクラブは、小学校などでうどん作りをする、食育活動や夏祭りや秋祭りなどの栗山町の行事に積極的に参加してクラブ員の結束力を高めながら頑張っています。
 そして、栗山町4Hクラブは、今年で創立50周年を迎え、さらに色々な事にチャレンジしていきたいと思います。

現地研修会(町内の栗ほ場にて) 保育園うどん(いちい保育園での手打ちうどん教室)
現地研修会(町内の栗ほ場にて) 保育園うどん(いちい保育園での手打ちうどん教室)
ヤングアグリ 50周年
ヤングアグリ ヤングアグリセミナー(道内視察研修)
         どさんこ農産センター(赤井川村)にて  
50周年【3/16、50周年記念式典にて】

編集後記:役員におかれましては1年間本当にお疲れさまでした。4月から新役員で運営することとなりますが、本年度以上に空知4Hクラブを盛り上げていきましょう!
 皆さんの熱い思いで、平成23年度も空知農業の中心となる勢いで頑張りましょう!

戻る