スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  「第6回 中空知アグリアドバイザー総会・冬期研修会が開催されました!」


最終更新日:2015年3月11日(水)


「第6回 中空知アグリアドバイザー総会・冬期研修会が開催されました!」


「第6回 中空知アグリアドバイザー総会・冬期研修会が開催されました!」
   2月13日(金)、新十津川町のグリーンパークしんとつかわで、中空知アグリアドバイザー*の総会及び冬期研修会が開催され、54名が参加しました。総会では、新たな指導農業士4名、農業士1名の新会員が川筋会長から紹介されました。
 冬期研修会には、北見農業試験場 中辻 研究主幹を講師に招き「気候変動予測に基づく将来の北海道農業-2030年代の予測」の研修が行われました。内容は、「地球温暖化の基礎知識」や「気象変動が作物に及ぼす影響」などで、近年の気象変動に向けた栽培管理へのきっかけとなるものでした。
 総会・研修会終了後には交流会も開催され、会員相互はもちろん各関係機関との情報交換など交流が深まり、有意義な研修となりました。
 新会員も加わり、更なる活躍の広がりを期待します。 
 * 中空知アグリアドバイザーとは、中空知管内の指導農業士・農業士81名で構成され、会員相互による研鑽と、農業の担い手育成に関する施策を推進し、地域農業の発展に寄与することを目的とする組織です。
 
ほ場管理について説明する堀氏

写真1 総会の様子 

 

 

フェロモントラップの捕虫結果を調査する担い手メンバー

写真2 冬期研修会の様子

 

 

 
中空知支所トップページへ

空知農業改良普及センタートップページへ