スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  「中村地区の農業を考える会」現地研修会開催


最終更新日:2018年9月12日(水)

空知農業改良普及センター本所 

「中村地区の農業を考える会」現地研修会を開催されました。 

 平成30年7月10日 地域第2係の重点対象地区である美唄市中村地区の「中村地区の農業を考える会」を対象に、現地研修会を開催しました。「考える会」メンバー5名の他、JAびばい、美唄市役所からも参加がありました。

 研修会では、「早期出荷を目指したスイートコーン栽培」、「秋まき小麦における起生期カリ追肥の効果確認試験」、「水稲無代かき栽培による省力化・生育改善」について、それぞれ実証ほ場で、普及センターより説明を行いました。

 参加者からは、スイートコーンの防除、秋まき小麦の収穫適期、無代かき栽培でのタンパク含有量などについて質問があり、活発な意見交換が行われました。

スイートコーンの畑で生育を確認

スイートコーンでは、不織布試験を行っており、種類により生育スピードが異なっていました。

秋まき小麦の畑で生育を確認している様子 秋まき小麦の病気サンプルを見ている様子

秋まき小麦は、三要素での追肥と、窒素カリのみの追肥との比較試験を行っています。また、小麦の病気のサンプルを見て確認しました。

水稲無代かき栽培を確認している様子

水稲では、無代かき栽培と慣行栽培の比較試験をしています。今までの調査では、無代かき栽培の方が茎数が多く初期生育は良好でした。

このページに関するお問い合わせ
〒068-0818 北海道岩見沢市並木町22番地
電話番号:0126-23-2900
FAX番号:0126-22-2838
メールアドレス:soranokai-honsho@pref.hokkaido.lg.jp
メール送信時には、お手数ですが、@を半角に置き換えてから送信してください。