スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  平成29年度北育ち開講式&第1回研修会


最終更新日:2017年4月12日(水)


平成29年度北育ち開講式&第1回研修会


 平成29年度 北育ち元気塾便りNo.1

平成29年度北育ち元気塾開講式&第1回研修会を開催

   平成29年4月4日(火)JA 北いぶき秩父別本所3階大ホ-ルにて、
 
「北育ち元気塾」第6期の開講式を開催しました。

 スーツ姿の21名の塾生たちが緊張した面持ちの中「北育ち元気塾」の開講式が行われました。渡邊会長からは、「後継者育成支援協議会として皆さんを積極的にサポートしていきますので、地域の担い手となるよう頑張って下さい。」と挨拶されました。 また、来賓として挨拶頂いた秩父別町神藪町長から「技術の習得は1朝1夕では習得できないが、早く1人前の経営者となって地域農業を支えてほしい。」、JA北いぶき篠田組合長からは、「私が就農した頃に比べて、新規就農者を地域全体で支援する体制は充実している。大きな経営目標を持って取組んで欲しい。」と励ましの言葉を頂きました。   

多くの来賓と受講生 

 育成支援協会渡邊会長

各市町からも多くの来賓が出席され塾生たちも緊張した様子で臨んでいました。

    北空知農業後継者育成支援協議会
                渡邊会長

秩父別町神藪町長

 JAきたそらち篠田組合長

 秩父別町 神藪町長

JA北いぶき 篠田代表理事組合長 

 その後、今年度の塾生28名の紹介を終えた後、1年間のカリキュラム内容を説明しました。
 次に、27年に北海道立農業大学校の農業経営者育成研修(初級)を修了した3名から、研修成果の発表が行われました。藤田涼太郎さんはトルコギキョウの導入と栽培の振り返り、荒木秀斗さんは水稲栽培の生育・収穫調査、塚田忠国さんは黄小玉すいかの作業行程について、わかりやすく説明してくれました。

 大林俊之さん  元気塾OB桝田隆弘さん

       大林俊之さん(雨竜町)

  元気塾OB 桝田隆弘さん(沼田町)

質疑応答 

久保支所長 

   プロジェクト発表の質疑応答 

普及センター北空知支所 久保支所長       

また、久保支所長からは、「写真等を活用した分かりやすい説明であった。実践されていることを1年の中で反省し、改善対策を明らかにして次年度に生かしていただきたい」とコメントがありました。

 橋本茂指導農業士  大賀普及職員

 深川市 指導農業士 橋本 茂 氏

 普及センター 大賀普及職員


 指導農業士の橋本茂氏からは、自らの35年間の水稲・メロン・花き経営を踏まえて、農業経営者としての考え方について講演がありました。
 メロン栽培では、もみ殻燻炭を利用して育苗技術を改善してきたこと。水稲栽培では、ほ場ごとの地力が異なるので、ほ場に合わせた施肥設計を行い、さらにほ場ごとのブロキャスやTPOの設定もメモしておくと効率的な施肥技術を組立てることができる。また、多品目の作物を作っていると、どうしても作業が競合することがあるのでなるべく作業がぶつからないよう工夫する必要がある。といった体験を踏まえた話がありました。
 次に普及センター大賀普及職員より水稲育苗管理の基礎について、勉強を行いました。


 茶話会風景1  茶話会風景2

 茶話会の様子

その後、初顔合わせの塾生同士が交流を深めるため、4テーブルに分かれて茶話会を開き、それぞれのグループごとに自己紹介や今年の目標について情報交換を行い最後は塾生同士打ち解けた雰囲気で終えることが出来ました。

北育ち元気塾紹介ページへ

  北空知支所TOPページへ