スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 空知農業改良普及センター >  第3回空知乳量維持プロジェクト(乳質改善)が開催されました

空知の分類: 産業・経済 > 農業全般

最終更新日:2014年7月03日(木)


第3回空知乳量維持プロジェクト(乳質改善)が開催されました


第3回空知乳量維持プロジェクト(乳質改善)が開催されました
  第3回研修会が5月16日に空知農業会館で開催され、管内の農協職員を中心に20名が出席し、酪農の基礎知識を学びました。
 今回は、北海道酪農検定検査協会の大塚所長が、生乳の取引に係わる各種検査について講義。生乳検査の種類や項目、抗生物質残留事故発生時に農協担当者がすべきことについて具体的な説明がありました。また普及センター田中所長が乳質の基礎と改善策について講義。「牛舎環境が良く、ゆったり寝ている牛群ほど乳質成績が良い」、「分娩数日前の管理が乳質向上のカギ」と具体的項目を説明し、「担当職員は現場で見るべきポイントを早く身につけて欲しい」と期待を寄せていました。                  (執筆:寺田)
 
研修会の様子
蹄の汚れと乳房汚染の説明に熱心に耳を傾ける出席者